よりくlyお 

こーさんのうちで学校をつくろう!

「勉強したい」

 

 

 

 
カンボジアでは、読み書きできるカンボジア人は、多くありません。
カンボジアの教育がまだまだ発展していないからです。
子供の数に対して、学校が足りません。先生も足りません。
子供の数は年々増えていくのに、教育できる環境が十分でないのです。
  また、学校が家から遠く、5キロも歩いたり、自転車で何時間も通ったり。
それでも通えない子は、全く勉強できないのです。
 
 
 
親だって子供に勉強させたくないわけじゃない。
でも、子供の数は多く、貧しく、生活に見合う収入は得られません。
食べることだけで精一杯で、学費に使うお金の余裕はとてもないのです。
 
 
 
こーさんもそうでした。
 
 
 
 
こーさんは、小学校に通うのが片道歩いて40分。
中学は自転車で片道2時間の道のり。
4人の弟と妹がいて、生活は苦しかったけど、それでも勉強したかった。
こーさんはある日、友達が英語を話すのを聞いて、
「僕も英語を話せるようになりたい」とあこがれました。     
そのとき、こーさんの村で、外国人が支援している無料で英語を学べる寺子屋がありました。
こーさんの村に英語が初めて入ってきたのです。
こーさんは、朝、学校が始まる前に、その寺子屋で夢中で勉強しました
 
 でも、じきにその寺子屋はなくなってしまい、無料で勉強することはできなくなってしまいました。    
 
こーさんの家にお金の余裕はなく、こーさんはふつうの中学校、高校に行くのも精一杯でした。
家族の家計を助けるため、夜中に釣りをしたり、夜中に警備の仕事もした。
土日は親戚が買ってくれたバイクでドライバーの仕事もしました。
 
それでも学費の捻出には到らなかった…。
勉強を続けたかった。
でも、生活のため、家族のため、こーさんは、高校をやめました。
 
 
 
カンボジアでは、英語や日本語が話せるのがドリームです。
それだけで高収入が得られ、貧しい生活から逃れられるチャンスがあるのです。
少しでも豊かな生活ができる仕事に就け、家族にボロボロの生活をさせなくていい。
 
日本人なら、学ぶということは自然に与えられ、誰でも当たり前。
でも、おおぜいのカンボジア人の子供は、そのチャンスさえ、与えられないのです。
ただ、勉強したい、いろんなことを学びたくても…。
カンボジアの子供の目は、とてもきらきらしています。
みんな、貧しくても、勉強できなくても、はねっかえす元気をもって、
生き生きと、ものすごい笑顔を持って、生活しています。
 
勉強してもいい、しなくてもいい。
でも、カンボジアの子供にも選べるチャンス、夢をかなえるチャンスがあっていいと思います。
 
 
 
こーさんは自分の育った田舎の村、コートノール村の子供たちに、自分のような悔しい思いをさせたくないと思い、こーさんの育った家の軒下に、寺子屋を作ることにしました。そして2011年3月、学校が始まりました。
こーさんの弟と、こーさんの友達が先生になって、夕方、学校がおわったあと、この家の軒下で村の子供に英語を教えています。
もちろん子供からお金はもらいません。
教科書、椅子、机の費用、先生への給料等の経費をカンボジアで捻出するのは困難です。皆様からの基金で、より多くの、普通のカンボジア人の子供に、勉強できるチャンスと、夢を与えられればと願っています
 
  
 
 
 こちらでは、カンボジアの歴史や教育基盤ができていない理由から、
私たちの学校を作りたい思いを説明させております
 
 
 

 こーさんのうちが出店しているとき、基金箱を置かせてもらっています。

問い合わせ先

〒399−8501 長野県北安曇郡松川村7033−43村住1−211

チョーン・チョーブ、平野曜子

Tel :090-8342-4546

e-mail: kork-yoko@sky.plala.or.jp

 

 

現在こーさんの家を寺子屋を造るべく改造中です。

寺子屋の進行状況や、子供たちの状況については、ブログ

で報告していきたいと思います。

 

 

 

 

 

inserted by FC2 system